インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ

wiruz

雑記

やしお大会:受付延長10月19日(日)まで

やしお大会:受付延長10月19日(日)まで - 日本インラインスケートスラローム協会
http://www.jissa.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=213

2014/11/02 第13回 インラインスケート スラローム選手権大会(通称:やしお大会)の参加申し込み受付期間が延びました!
ぜひ、スラロームを練習している方は「まだ自分には大会なんて…」などと詳細を見る前から諦めないで欲しいと思います。

勘違いされている方も多いようなので、最初に書きます!

今回の「やしお」は品川区であり、埼玉県ではありません!
城南島公園とも違って、モノレール駅から徒歩8分と何方でも来やすい場所になっております。

それでは、この大会の概要をざっくり書きます。
公式サイトはどうしてもお固いしよく分からんという方もいると思うので、ざっくばらんに書かせていただきます。

1.部門

まず、大きく部門が3つに分かれます。

150部門:いわゆるトリックスラロームの部門。
80部門:いわゆるFSSの部門で、80レーン1つしか使わないので、80部門。
シンクロ部門:2名以上のシンクロスラローム演技をする部門。

2.クラス

部門の中で細かく分かれているのがクラスです。
基礎:その部門での基本技のみを使うクラスです。
ジュニア:中学生まで
シニア:高校生以上

シンクロ部門はそもそもエントリーが少なすぎてクラスが分けられませんし、大人と子供が混じったチームもありだと思うので、クラス分けは当面ないと思います。

3.大会に出よう!

大会に出るにはまず、トリックが出来てからーなんて考えている方は、見方を変えた方が良いと思います。
人前で滑るというのは、どんなに小さな大会でも大きなプレッシャーがかかります。
これに慣れるのには、かなりの経験が必要です。
ですので、基礎クラスに何度も出る!くらいのつもりで、その時の自分に合った大会・イベントであれば、何でも出場しておくことを薦めます。
スケートのスキルと、場慣れとは別の上達方法と思った方が良いです。
場慣れをするための練習だと思って、大会に出場する回数を増やすことは効果的だと思います。

エントリーは下記URLから!
締切は10月19日(日)23:55です!

http://www.jissa.org/modules/eguide/event.php?eid=59&sub=70

The following two tabs change content below.
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-雑記

Copyright© wiruz , 2021 All Rights Reserved.