wiruz

インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ


アジア選手権へ高校生トリオがアジアに挑む

      2014/09/25


ローラースポーツ 高校生トリオがアジアに挑む「スピード」きょうからアジア選手権 – 東京中日スポーツ2014/9/19

 中国・海寧市で開催する第16回アジアローラースポーツ選手権(20日から9日間)のスピードに、第1回大会1万メートルで優勝した高萩昌利監督(44)が率いるブリザードクラブ所属の高校生トリオが出場する。6月の全日本女子ロードで癒傷した吉野友梨(柏日体2年)、座間天平(船場芝山2年)、川端有彩(専大付3年)の3選手で、19日に成田空港から出発する。
日本ローラースポーツ連盟が派遣する日本代表は総勢51人で、スピードには男女9人が出場、前回出場した4年前の台湾・高雄大会の銀1、銅5を上回る成績を目指す。期待されるのは、500メートル、1万メートルなどに出場する吉野。氷上のスピードスケートでも国体に出場した腕前で「金メダルを目指したい」と話す。11月の世界選手権(アルゼンチン)への出場も決まっており表彰台に立ってはずみをつけたい。川畑は兄が世界大会に出場、座間は小説も書く文武両道選手。高萩監督は「トップレベルの選手と走れる力はある。そういう選手とわたりあって、いい経験を積んできてほしい」と期待している
(小原栄二)
▼ローラースポーツ
2020年東京五輪の正式競技からはもれたが、公開競技での実施を目指す。ローラースケート靴で行い、スピード、ローラーホッケー、インラインホッケーなどの種目がある。アジア選手権には豪州、ニュージーランドも参加、約800人が出場する。近年は韓国、台湾が強い。

他種目も出場選手が所属する大学が応援していますね。

学部・大学院:商経学部 > 最新情報 2014年度 > 第16回アジアローラースポーツ選手権大会に宮崎浩一郎さん(商経学部経営学科2年)が日本代表として出場!|千葉商科大学 2014年9月6日
http://www.cuc.ac.jp/dpt_grad_sch/shoukei/news/2014/i8qio0000000t1jo.html

第16回アジアローラースポーツ選手権大会(9月19~28日、開催国:中国海寧市)のインラインホッケーに、宮崎浩一郎さん(商経学部経営学科2年)が日本代表選手として出場することになりました。
大会には、日本、台湾、韓国、シンガポール、バングラデシュ、パキスタン、イラン、インド、タイ、マレーシア、ベトナム、香港、マカオ、中国の国・地域が参加します(日本ローラースポーツ連盟9/1発表)。
宮崎さんは昨年も第19回世界インラインホッケー選手権大会へ日本代表選手として出場し、また本年7月には、第17回JIHFインラインホッケー全日本選手権大会(Bプール)で、参加チームが見事優勝を果たし、全国の頂点に立つという戦績を持ちます。
アジアそして世界で活躍する宮崎さんへの熱いご声援をお願いします!!

【大会情報】第16回アジアローラースポーツ選手権大会に、片岡 魁選手が日本代表として出場します | 東洋大学
http://www.toyo.ac.jp/site/sports/54430.html

2014年9月24日(水)~29日(月)に中国・海寧で開催される第16回アジアローラースポーツ選手権大会のローラーホッケーに日本代表として、本学ローラースケート部の片岡 魁選手(経営学部 第二部経営学科 3年)が出場します。
皆様の応援をよろしくお願いいたします。

スピードスケートチームブリザード NHK「テレビスポーツ教室」出演 – YouTube

The following two tabs change content below.
uhouho
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

 - 時事