インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ

wiruz

時事

ベトナムではインラインスケートがブーム

若者達が公道でインラインスケート、交通妨害し危険 - [VIETJO ベトナムニュース]2013/10/07 12:58 JST配信
http://www.viet-jo.com/news/social/131004093034.html

 インラインスケートが若者達の間で流行っている。しかし、交通量の多い道路をインラインスケートで走る行為は、交通の妨害になる上彼ら自身にとっても危険この上ない。3日付ラオドン紙(電子版)が報じた。
ハノイ市のチャンフー通り、ディエンビエンフー通り、サダン通り、ランハ通り、ホアンキエム湖や公園の周囲などでは、車やバイクの流れに混じってインラインスケートで走る若者達の姿をよく見かける。彼らの多くは公園などで練習を終えた後、靴に履き替えずにそのまま家に向かう。
練習風景を見ると、彼らは男女を問わず確かに技術に優れ、誰もが自信を持っているようだ。しかし、彼らがスケート靴を履いたまま手をつないで公道を走り、道路を横切る様子は危なくて見ていられない。万一転んだ場合の危険性を、まったく考えていないように見える。
若者達がスポーツとしてインラインスケートを楽しむことには賛成するが、移動手段の一つとして公道でこれを使用することには反対。危ない光景を目撃した大人達の多くは、こう考えている。

日本で最も流行っていた時代を知っている方の話を聞くと、かなり似た印象を持ちました。
下り坂の道路を直滑降していたとか、そんな武勇伝を語る方もいました。
その結果かどうかは分かりませんが「どこへ行っても、スケート場ではない場所では、ほとんど禁止される」という現在に至っているのは事実です。

韓国では大流行した時、家から履いて公園へ移動していたそうですが、ほとんど問題にされなかったようです。
アメリカではインラインスケートは車両に近い扱いで、歩道を走っていると車道を走るように注意されると聞いたことがあります。

国によって考え方が全く違うという例の一つではありますね。

inline skate viet nam - YouTube

The following two tabs change content below.
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-時事

Copyright© wiruz , 2021 All Rights Reserved.