wiruz

インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ


2013/12/04インラインスケート・スラローム練習@東京ドーム ローラースケートアリーナ

      2015/03/11


この日のuhouhoは比較的早い時間から東京ドーム ローラースケートアリーナに入り、練習をすることが出来ました。
早く来すぎて、リンクの奥で少年ローラーホッケーの練習がまだ終わっていませんでした。

毎週水曜日は奥で少年ローラーホッケーの練習日になっているらしく、スタート時間は分かりませんが、18:30(だったと思う)まではコートの一番奥を仕切って、練習をしているのです。

uhouhoはスペース的には問題ないのですが(まだ、ほとんど人が来ていない時間ですし)、エバーニューのパイロンがホッケーコートの仕切りに必要で使われています。
仕方がないので、ホッケーが終わるまではミニパイロンを借り、基礎練をはじめました。

昔のヒデを真似して、カウンターを用意して練習します。
自分で何を何回やったのかハッキリしないと、ちゃんと練習しきれないと考えたからです。
なにせ、3年間も自分の練習をしなかった人間ですから、甘やかすと行き着くとこまで…。
なので、練習に来たら何でも良いので100本滑ると決めています。
パイロンは9個ですから、昔に比べれば大した量ではありません。

ただ、早く来ると他の方が居ないので、そりゃもうひたすら滑ることになります。
50本で汗まみれです。
その辺りで、見かけた顔が次々と…ここは玄海田ローカルの2次集会所になったのでしょうか?

とにかく、あと50本通さないと帰るわけには参りません。
基本で苦手だった技を少しずつ増やして練習しました。
しかし、終わり間際に練習し始めたオープンクロスだけは時間内(帰る時間を決めているので…でないと終了時間まで居てしまいます)に10本通すことが出来ませんでした…。
近日中に絶対に取り戻してやる!

滅多に見ないのですが、先日久しぶりに最近のスラローマーの動画を拝見しました。
皆さん技に凝り過ぎて、基礎能力の向上の必要性に気づいていない気がします。
厳しいことを言うと、トリックで魅せられるようになるために、先に基礎力を磨き直しましょう!

基本がきちんとできるようになると、ある程度のスピードは出せるようになりますし、静止状態から加速できるようになります。
この能力を測る基準として日本インラインスケートスラローム協会のスラローム検定があります。
規定コースを8秒切れて一人前…そういう考え方です。
細かいフォームの規定を作るよりも分かりやすく、効果があると考えています。
http://www.jissa.org/modules/orgdoc/index.php/activity/kyu_kijun.html

初心者(子供)向けにノービス検定という基準も用意されています。
こちらはコース距離が半分で、後の認定基準は本式の検定と同じものです。
http://www.jissa.org/modules/orgdoc/index.php/activity/novice_kijun.html

こちらの両検定を近日実施予定です。

冨士見台児童センター
1月18日(土)
1月25日(土)
にノービス検定
14:00から15:00
※無料で参加できますが、記録の紙しか出ません。
(認定証とか出ません)
http://fujimidai.funskates.com/

やしおスケートパーク
2月9日(日)第8回 インラインスケート スラローム検定
http://www.jissa.org/modules/eguide/event.php?eid=47&sub=39
認定証とステッカーが出ます。

皆さん、今から準備して基礎スラロームの実力を確認してみませんか?

ちなみに、5段の最年少は小学3年生です!

The following two tabs change content below.
uhouho
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

 - 東京ドーム ローラースケートアリーナ, 雑記