wiruz

インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ


7.Aフレームターン(まがる1・反時計回り)

   


最も基本的な曲がり方です。片足への荷重と旋回運動を学びます。

ストライド1で助走する。

3-7-1

  • 足位置:両カカトが肩幅程度にくるまで広げる。
  • 重心位置:ヒザとカカトの中心
  • ヒザ加圧:なし
  • 足裏加圧:両カカトで路面を押し開くように加圧
  • 旋回動作:なし
  • エッジ:両足:インエッジ
  • 慣性滑走:肩幅程度よりも大きく開かず、そのままの足位置を保持すると慣性滑走になります。

レディポジションになり、旋回開始位置まで待つ。

3-7-2

  • 足位置:肩幅より少し広く平行の位置
  • 重心位置:ヒザを深く曲げ、ヒザとカカトの中心
  • ヒザ加圧:なし
  • 足裏加圧:なし
  • 旋回動作:なし
  • エッジ:センターエッジ
  • 慣性滑走:ストライド1による慣性により慣性滑走をする。

腰を左へ向け、旋回する。

3-7-3

  • 足位置:肩幅より少し広く平行の位置
  • 重心位置:ヒザとカカトの中心
  • ヒザ加圧:なし
  • 足裏加圧:右足裏全面に体重がかかる
  • 旋回動作:腰を左に向ける
  • エッジ:両足インエッジ
  • 慣性滑走:ストライド1による慣性により慣性滑走をする
  • 注意点:レディポジションでヒザをしっかりと曲げていないと、腰を旋回させても曲がらない。
    レディポジションから旋回開始位置までの距離が短すぎると、旋回動作で慌ててしまい、転倒しやすい。
The following two tabs change content below.
uhouho
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

 - 基本技術