wiruz

インラインスケート(ローラーブレード) トリックスラローム インストラクターuhouho(ROLLERBLADE契約選手)のブログ


予定イベント2014/02/09インラインスケート スラローム トライアル

      2014/01/03


スラローム検定が02月09日(日)やしおスケートパークで開かれることは、少し前に触れました。
その後、午前中の予定も明確になりましたので、その内容と経緯に触れたいと思います。

もともと、やしおスケートパークは六郷付近のローカルスケーターが都立大井ふ頭中央海浜公園と交渉して、840*RIDERSというボランティア団体として下記を実現したと聞いています。

  • 自分たちが管理・運営するということで滑走許可を得る。
  • 基本的に毎回教室を開く。

教室と言ってもまだ始まったばかりですので、ネットを通した告知よりもクチコミで近隣の方に親しんでもらうことを優先している段階ですね。

この計画が始まるときに、「年に1、2回はイベント的なことをして欲しい」と公園側から依頼されていたそうです。

JISSAも城南島海浜公園でイベントを何度か開きましたが、何と言っても交通の便が悪い…イベントが終わるのが遅れると帰りのバスがないという悲惨な事態も起こっていました。
タクシーを呼んでも「そんな遠いところまで迎えに行けない」と断られたとも聞いています。

城南島でイベントを続けるのは難しい…そう考えていたときにやしおスケートパークへお邪魔したのです。
決して広くはないですが(古いスケーターなら小石川運動場のスペースを想像していただければ…)、タイム計測・練習には十分なスペースです。
海に直接面しても居ないし、周囲を樹木で囲われているため風の影響も少なそうです。
ぜひ、検定をやしおスケートパークでやらせて欲しいとお願いしたところ、快諾を得られました。

昔は検定には沢山の受験者が来ていたのですが、時代の流れか実力者は既に取得した後なのか、受講者が少ない回が続いています。
正直に言うと、あの検定で初段(基本9技を全て8秒以下で通過)を取るには相応の実力が必要です。
http://www.jissa.org/modules/orgdoc/index.php/activity/dan_kijun.html

今の小技に走っているスケーターには取るのは難しいと思われます。
過去ならともかく、3年も練習をサボっていた今のuhouhoには直ぐには取れません…オープンクロスが鬼門です。
今まで運営責任者として決して受験しなかったので、実はuhouhoは無級です。
あれ?相馬さんが現場責任者をやってくれている時に受けたことあったかな?

ありました!
http://www.jissa.org/modules/jissadoc/index.php/content0081.html
第一回のときに一級ですね。
この時点では段制度が用意されていませんでした。
Oスネークをパスしていないので、初段にはなりませんね(笑)
多分、2回ともパイロンキックしちゃったんだろうなー。

ともあれ、午後に検定を開かせていただくことになったのですが、午前にはワークショップを開きますって内容の企画書を東京都に提出して承諾を受けています。
このワークショップの中身の詳細は書かれていません。
ここは840*RIDERSさんの希望する内容を決めてもらうことにしていました。

色々検討しましたが、最終的に盛りだくさんのイベントになりました。

午前
-インラインスケート初心者教室
-スラローム教室
-スラローム ノービス検定
午後
-スラローム 検定

これって…初期の文京区でやった検定の形とほとんど同じなんじゃ…ということで、当時の名前を復活「インラインスケート スラローム トライアル」と通名を変更しました。

教室受けて、自信がついたらノービス検定を受けてみて、更に自信があるなら本検定を受けてみて…となると良いですね。
1日のうちに階段を見せる機会があると、頑張って練習する人も出てきますしね。

ノービス検定と本検定の認定者には認定証とステッカーが進呈されます。
昔は記録カードだったのですが、あまりモチベーションにつながらなかったようで、前回からステッカーに変更してみました。
ヘルメット等に貼れて、子どもたちは誇らしげでした。

大人の皆さん!小学3年生(5段最年少)に負けないように、基本に立ち返りませんか?

The following two tabs change content below.
uhouho
ROLLERBLADE契約選手uhouhoです。 スラロームを中心にインラインスケートの普及活動をしています。

 - 雑記